株式会社田村ビルズ

田村ビルズグループ コーポレートサイト
〜ともに豊かに〜

LFB Owners Voice Vol1

田村ビルズの新築住宅ブランド“LIFE FAN BOX”。
LFB住宅購入の決め手や住んでみての感想などなど、実際にご購入いただいたオーナー様へインタビューさせていただきました!(オーナーK様、ハウスエージェント金丸)

LFB住宅との出会い

ー住宅購入をしようと思ったきっかけは何だったのでしょうか?

K様:僕はアパート派だったんですけど、周りの友達とかがことごとく一軒家を建てたり設計に入っちゃって。ええなぁ。ってなって。そこからが始まりですね。
いわゆる、「家の見学」ていう感じで、何気なしに見に行けるから、ということで。広告を見て(家を)見に行けるよ、となりました。

ーその広告は、ご主人が見つけられたんですか?

K様(奥様)いや、私(笑)

ー実際どのくらい物件を見られたのでしょうか?

K様:見た軒数は、すごく少ないですね。4軒。

K様(奥様):もうあんまり見たら、ね…。決めれんし(笑)

K様:最初の電話で「見たいんです」という問合せを嫁がしたんですけど、「すごく感じのいい人が対応してくれるよ」っていうことで。もう電話の時から嫁が喜んで。喜んでというかは、まあ安心して。じゃあ行こうよ、ということから、実際お会いして、物腰も優しいし、人当たりもソフトな、自然な感じで。家もそうなんですけども、担当の人も、出会いかなと。

LFB住宅購入の決め手

-LFB住宅購入の決め手を教えてください。

K様(奥様):もう一軒迷ってた。実は(笑)私は平屋が良かったし、迷ってた物件は二階建てだったんですよ。すごいおしゃれで良かったんやけど、まだ子どもも小さいし。

K様:(この家は)間口もすごく広いし、土地の価値を見ても狙って出る土地じゃないので、もうこれは投資としても考えて、”あり”だなと。

住み心地

ー実際に住み始めて、住み心地はいかがでしょうか。

K様:やっぱり、こう(家を)持ってはじめて分かる実感というんですかね。意外と今の太陽光で自家発電して足りないものは(電力を)買う、という部分は、アパートとかだと実感できないんですけれども、実際やって生活も全然不便もないし、すごく考えるのもラクだし、金銭的にも余分なところに「あ、意外とかかってたんだな」というのがよく実感できたところではありますね。
支払う金額とか、数。減ったんでリアルにすごいところですね。

K様(奥様):えっと、やっぱり私は平屋が一番望んでたんですけど、部屋の大きさも広いから、けっこう子どもが活発やからすごく駆け回る。それをやっぱりね、あのキッチンに立ってて、見るのもやっぱり微笑ましいし一緒になんか、運動会みたいな感じで、家族でわぁーって遊んだりもできるので、すごく広さ的にも満足してるし、キッチンも広いし。本当にビックリしたのは、あの何ですっけ、あれ…食器棚?

金丸:カップボードですね

K様(奥様):そう、カップボードもすごく収納があるので、まだ全然入れれるんですよね。すごく助かります。

これから住宅購入を考えられている方へ

ーこれから住宅購入を検討されている方々へメッセージをいただけますでしょうか。

K様(奥様):私らノープランやったしね。なんか、大きな買い物なのに。全然考えてなくて、勢いで買ったようなもんやけど。

K様:いずれにせよ買うんであれば、不動産屋で買おうか、注文でハウスメーカー頼もうが、一緒なので。そこは何も恐れずに、重く考えなくていいかなと思いますね。

K様(奥様):それに金丸さんも全然ゴリ押しじゃなかったから、色々見させてもらったし、それも良かったね。

K様:家も土地も、まあ出会いなんでしょうけど、最終的には人と人とのつながりで意思決定されていくもので、そういった部分では、いい巡り合わせだったかなと思いますね。