以前は派遣で働いていたんです。スポットでイベントの設営をやったり、引っ越しに駆り出されたり。田村ビルズグループの仕事も、その中の一つといった感じでした。徐々にタムラエンバイロの仕事が増えてきて、当時の工場長に「うちの社員にならないか」と誘われたんです。それから1年ほど直接雇用のアルバイトとして働き、正社員になりました。

入社の決め手は、現場にいた社員さん。それまで派遣されていた会社は、派遣と正社員との間で壁を作る会社が多かったんですが、田村エンバイロはまったく壁がなかったんです。

3年目には工場長に。今でも現場は恋しいですね。

入社後はタムラエンバイロで廃棄物の選別作業をやりつつ、事務所で配車の段取りをする仕事を1年ほど担当しました。徐々にマネジメントの仕事が増え、入社3年目には工場長に。数字を管理する仕事が増えて、執行役員になった今は一切外での作業はやっていません。

もともと選別の仕事が好きだったので外での作業は今も恋しいですね。「外に出してくれ」って社長には言っているんですけど、なかなか出してくれない(笑) もちろん、今の仕事も好きなんですけど。

山口から出るすべての廃棄物の処理窓口になる。

うちは県内でも有数の処分場を持つ会社の一つ。適正な処理をするのがミッションではあるのですが、その仕事の幅をもっと広げていきたい。これまで、うちで処理できないものはすべて断っていたんですが、人脈を駆使して処理できる業者を探すことはできる。それらもすべてうちのリソースと捉えれば、できることは無限に広がると思うんです。廃棄物処理のソリューションの幅もグッと広がる。

これからの強化していきたい分野の一つですね。

For
Job seeker
求職者の方へ

求めたいのは、「この方が効率的だ」とか「こっちの方がお客様のためになりそう」とか、前向きな意見をどんどん発信できる人。うちの会社は私も含め、ポジティブで変化に前向きな人が多いので、何か意見があれば「とりあえずやってみよう!」とすぐにアクションにつなげられると思います。「機械の配置、こっちに変えた方がいいのでは?」とか、ちょっとしたことでいいんです。臆せず自分らしい意見をぶつけてほしいと思います。